腸閉塞という病気

便秘に悩む女性

腸閉塞は、腸の中で飲食物やガスが滞留してしまう病気で、重症化すると死亡する。早期発見による早期の治療開始で、完治は可能である。治療方法には、腸の中に胃管やイレウス管を挿入する保存療法と、外科的治療をおこなう手術療法がある。

Read more »

治療する

看護師と男性の患者

腸閉塞とは小腸や大腸の中で食物等が滞ってしまうという状態の事で、腹部の張りや痛み、吐き気や嘔吐といった症状が出ます。腸閉塞は病院で治療を受けるのが原則で、治療完了後も食事内容等に気を付ける事で再発等を防ぐ事が大切です。

Read more »


腸閉塞の症状

錠剤

従来の治療方法と細胞療法を組み合わせれば、咽頭がんを治すことができます。転移も防げるので再発防止にも繋がります。

腸閉塞の治療には口や鼻から管を入れ腸の内容物を排出する保存療法と手術があります。まずは保存療法で試し、改善が見られない場合には手術となります。 保存療法により腸の中にある水分や内容物、カスなどを排出させ改善を試みます。この時は食事をとることができないため、点滴をして栄養補給をします。 保存療法を行っても改善が見られなかったり、改善が見られてもまた腸閉塞を繰り返すようなら、開腹手術を行い腸のねじれを修復したり、腫瘍や異物などを取り除くことになります。 重症化し一部が壊死している場合には、その部分を取り除き正常な部分とつなぎ合わせる手術を行うことになります。病院によっては開腹手術ではなく、腹腔鏡手術といった内視鏡の一種である手術を行うところも増えています。

腸閉塞を発症すると吐き気いや嘔吐、激しい腹痛などを伴います。このような症状がある場合には速やかに病院で診察を受けることが大切です。重症化するとショック状態になることもあります。 病院では画像検査などで症状の判断を行います。検査方法としては超音波検査や造影CT検査、内視鏡検査があります。このような検査を行い、腸閉塞と判断されれば保存療法などの治療を行うことになります。 腸は栄養や水分を吸収するために重要な臓器です。この腸閉塞になることで十分な栄養や水分が吸収できなく重篤な症状に発展することもあります。激しい腹痛など通常にはない症状が出た場合には無理をせず、病院でしっかりとした検査を受けることが大切です。


重度の病気

鼻をかむ女性

腸の働きは身体の健康を大きく左右すると言われていますが、中でも腸閉塞は、重度になると手術しなければならないケースもあります。便秘の先には腸閉塞があるので、普段から腸の健康には気をつけておくことが大切です。

Read more »