作業員

水害への備えを万全に

吸水土のうの中には高吸水性ポリマーが詰まっていて、普段は軽く簡単に持ち運べますが、水に投入すると大きく膨らんで重くなるのが特徴です。使い捨てタイプと再利用できるタイプがあり、外袋の材質にも幾つかの種類があります。

作業現場

建築中も広告を

イメージシートは建築中の建物に使う養生シートに自社の広告を載せたもので、PRシートや広告シートなどの別名があります。サイズと素材、枚数で値段は変わるので見積もりで比較すると良いでしょう。枚数が増えると一枚あたりの単価は安くなります。

土のう袋

土要らずの土のうで防災

吸水土のうは、水を吸収することで重く、硬くなり、土のうの役目を果たす防災グッズです。土砂を確保することが難しい都市部や、力仕事のできる人がいない家庭等に常備しておくと、台風による水害などの際に重宝します。

建設現場

広告の役割を持つ

足場材に社名の入ったイメージシートを掲げることで、広告塔の役割を果たし営業戦略の一助となり得るでしょう。また、環境にも配慮したイメージシートを掲げることで、環境にも配慮していると言うアピールにもつながります。

土嚢袋

土要らずの土のう

土のうは袋に土砂を積めて、簡易の土留めなどに使われるものですが、洪水のさいに溢れた水を止めるためにも利用されます。しかし通常の土のうは土砂が必要であり事前に土砂を確保しておく必要があります。この問題を解決し保管スペースを省スペースにすることができるのが吸水土のうです。

建築現場の養生に

一軒家

素材で異なる性質

建築現場で使用されるイメージシートは、建築物の養生が主な目的ですが、会社をPRする絶好の機会でもあります。色鮮やかなロゴやデザインを印刷したイメージシートは、施工業者の知名度を高め、新たな顧客を開拓するきっかけにもなるでしょう。専門の印刷業者に依頼すれば、イラストや写真を組み込んだオリジナルのイメージシートを作成することができます。自作のイラストに自信がなければ、ラフスケッチからデザインしてもらうことも可能です。イメージシートを作成するときは、デザインだけでなく材質にも気を配る必要があります。あまりにも安すぎるイメージシートは、耐久力に問題があるかもしれません。現在日本で標準的に使用されているイメージシートの素材には、ターポリン1類・2類やメッシュがあります。ターポリン1類は2類よりも厚手で、約2倍の引っ張り強度を持つのが特徴です。2類は薄手なので軽く、高所での作業性が良いというメリットがあります。丈夫で長持ちするイメージシートが欲しいなら1類、軽くてコストが安いイメージシートを使いたいなら2類がお勧めです。メッシュは2類よりもさらに軽く、穴が開いているので、風が強い場所に設置するのに適しています。ただし逆光を受けたりすると、印刷が見にくくなる可能性があるため、設置場所を選ぶ必要があります。用途に合ったイメージシートを作成するには、専門の業者に相談してみましょう。ネットやFAXで簡単に見積を取ることもできます。