広告の役割を持つ

建設現場

環境との調和にも配慮

建築現場などで足場財に覆われた建物を見ることがあると思います。見ようによっては無味乾燥的な風情があります。たまにネットで覆われたものを見ることがありますが、視覚的にあまり変わりはないと思います。しかしながら、最近はそんな足場材にカラフルなシートを掲げる建築現場が増えてきました。専門用語としてはイメージシートと呼ばれるものですが、カラフルな色合いのものも多く、社名や写真などが掲載されています。目線より高い位置にあり人の目にも付きやすいので、導入する価値は非常に大きなものがあります。施工している会社の社名をイメージシートに掲載して掲げることで広告塔の役割も果たします。街中や住宅街などに社名が見えれば、それだけで会社の認知度もあがりますし、営業戦略の一助となるでしょう。また、デザインによっては会社名とともに社訓やキャッチフレーズなどを印刷したものを掲げると、より会社のことを知ってもらうきっかけにもなります。イメージキャラクターなどがあれば、子供たちにも注目してもらえることにもつながります。目を引くような書体や色遣いをするとその効果はさらに広がるでしょう。イメージシートのもう一つの特性として、環境との調和があります。周囲の景色や風景に溶け込むようなイメージシートを掲げることで、街を行合う人たちや周辺住民にも良い印象を与えることにつながります。環境にも配慮しているというアピールにもつながります。