重度の病気

鼻をかむ女性

腸閉塞はイレウスとも呼ばれ、飲食した物や消化液が腸内に詰まった状態になります。原因としては「機械的腸閉塞」と「機能的腸閉塞」の二つがあります。 「機械的腸閉塞」は、腹部の手術などによる腸の癒着で、腸がねじれたり折れ曲がり、腸の中を塞いでしまう状態です。腫瘍などで塞がるケースもあります。閉塞により血流が絶たれたりヘルニアがはまり込んだりなど、重症に繋がる場合もあります。 「機能的腸閉塞」は、神経の異常や炎症が原因で腸の動きが悪くなる症状で、動きが悪いと腸の内容物が肛門へ送ることが簡単に出来なくなります。 治療する為には、基本的に入院することになります。食事を摂ることができないので点滴を行います。鼻か口からチューブを挿入し、腸内の内容物やガスを出します。この方法で症状の改善が見られない場合は、外科手術を行うことになります。

腸閉塞とは、便やガスによって、腸が詰まってしまうことです。 毎日便が出ている方でも、その便の状態によっては詰まってしまう恐れもあり、常日頃からトイレに関しては気をつけた方が良いです。 また、腸が健康でないと、十分な栄養が摂取されないばかりではなく、免疫力が低下したり、体の中に毒素が溜まったりと、良いことはありません。 腸の調子がおかしい時、例えば吐き気があったり痛みがあったりした際は、腸閉塞が既に疑われます。たかが便のことと思われるかもしれませんが、医療機関をすぐに受診して対処をした方が良いです。 腸閉塞は単なる便秘ではありません。重いと手術になる可能性もあります。 便秘の先には腸閉塞があり、さらにその先にはもっと重い病気へと繋がってしまいますので、腸閉塞になる前に対処したいものです。